40代50代60代のパソコン活用術~これであなたも脱初心者!!~

PC初心者さんから中級者さんに『パソコンでできること』『ネットでできること』『便利・役立つ・楽しい・お得情報』をお届けします。  また、10代20代30代のPC初心者さんにも楽しんでいただける内容になっております。

クラッシャージョウ(小説)のあらすじ・感想・評価・在庫まとめました!!全巻ネットで購入可能です♪

      2018/08/14

クラッシャージョー小説は、本屋や古本屋だとなかなか見つからないですよね。
でもインターネットなら簡単に全巻購入可能です。

数十年前に読んだ記憶があるのですが、内容はほとんど覚えていませんでした。
なので、新たにネットで全巻買って読破しました♪

全巻読破記念として、勝手に感想あらすじをまとめました。
「小説版クラッシャージョウ」の魅力が、少しでも伝われば幸いです。

追記)
(2017/9)小説クラッシャージョウが、コミック化で登場↓↓↓

クラッシャージョウ1 【連帯惑星ピザンの危機】

2161年、恒星間航行を可能にした人類は銀河系全域に進出し、8000におよぶ独立国家の連合体、銀河連合を作りあげていた。
その開発の尖兵となったのがクラッシャーと呼ばれる集団だった。

依頼があれば、航路の整備から惑星改造にいたる危険な任務を請け負う宇宙のなんでも屋である。
その中でもトップクラスの腕利きであるジョウは、反乱の起こった連帯惑星ピザンへと、王女の依頼で、自らのチームを率いて向かうことになる。

amazonより引用

・1巻【連帯惑星ピザンの危機】は、
惑星ピザンの王女「アルフィン」が「ジョウ」の仲間になるまでの物語です。
初期のアルフィンは、さすが王女だけあって品があります。
※最初だけですけど(笑)

アルフィンは、最初からジョウにメロメロですね。
まぁ、ジョウもまんざらでもなさそうです。

コアなファンのみぞ知る「ガンビーノ」も登場します。
読んでいて、「あー、ガンビーノ懐かしい!!」って思わず叫んじゃいました(笑)

 

本作は、本編も魅力的ですが「あとがき」も興味深いです。
高校時代に「クラッシャージョウ」の概要ができていたなんて凄いなぁ...。

早川書房版は、ラストシーンが2巻に続くように変更されています。
次巻へ繋がるエンディング、最高!!

クラッシャージョウの小説に興味のある方は、この【連帯惑星ピザンの危機】から読んでみて下さい。
きっと「ジョウ」と「アルフィン」の魅力にハマりますよ♪

評価【☆☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ2 【撃滅! 宇宙海賊の罠】

惑星改造技術の発達により、人類が居住できなかった惑星にも植民が可能になったため、それまでの惑星国家は、太陽系全体をひとつの政府が統治する太陽系国家へと生まれ変わっていた。

そんな太陽系国家のひとつタラオの大統領から、直接ジョウのチームに、銀河系の至宝と呼ばれる稀少動物、ベラサンテラ獣の護送という依頼があった。

予想される宇宙海賊の襲撃を避けるため、ジョウはチームのアルフィンに陽動作戦を命じる。

amazonより引用

・2巻【撃滅! 宇宙海賊の罠】は、
これぞクラッシャージョウといった、スリル満点の作品です。
いったい誰が本当の黒幕なのか、最後まで目が離せません。

この物語の中心人物は海賊「ブルーザー」です。
海賊なのに、なんか憎めない性格です。

ブルーザーはジョウを仲間にしたくてたまりません。
ジョウと組めば、海賊の頂点に立つことも可能と考えています。

でもブルーザーはジョウのことをちょっと勘違いしています。
ジョウはクラッシャーであって海賊ではないということを...。

人気脇役の「コワルスキー大佐」も登場します。
劇場版では、声がルパン三世の銭形警部でおなじみの「納谷悟朗」さんでした。

なので、ボクの中では銭形警部とキャラが、かぶっています。
融通が利かないところとか、そっくりです(笑)

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ3 【銀河系最後の秘宝】

ジョウたちが発見した難破宇宙船には瀕死の老人が乗っていた。
彼は「銀河系最後の秘宝」という謎の言葉を遣して息絶える。
その直後〈ミネルバ〉は正体不明の円盤機群に襲撃された。

老人から託された暗号データを解読すると、それは、銀河系最大の富豪、ドン・グレーブルからジョウへの仕事の依頼だった。

彼はみずからが築きあげた巨万の富にかかわる秘密を明らかにし「銀河系最後の秘宝」の探索を依頼してきたのだった。

amazonより引用

・3巻【銀河系最後の秘宝】は、
謎の洞窟・謎の老人・謎の秘宝と、最初から謎だらけです。
最初の数十ページでもうワクワク・ドキドキが止まりません(笑)

途中で「ゴードン」という、ならずものに遭遇します。
このゴードンという男、敵なのか味方なのかまったくわかりません。
しかし本作品の鍵になる人物であることは、容易に想像できます。

その後、富豪「ドングレーブル」という人物の依頼で『銀河系最後の秘宝』を探しに行きます。
最初は依頼のために行動していたジョウたちですが、銀河系最後の秘宝の守り人「オオウル人」との交流によって、意外な事実が次々に明らかに...

様々な感情が交錯したまま、物語はクライマックスへ向かいます。
オオウル人とジョウたち、そして人類の運命は...。

脇役ではコワルスキー大佐が大活躍です。
ジョウとの仲もよくなってきたのですが...。

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ4 【暗黒邪神教の洞窟】

休暇中のジョウたちに緊急の依頼があった。
誘拐されたとおぼしき、ある少年の捜索だった。

少年の乗った客船は、本来の航路から行方不明になり、発見された時にはすべての乗客乗員が惨殺されていたのだが、その少年だけはついに見つからなかったという。

彼の名はクリス。
天使のように美しい絶世の美少年であった。

ジョウは、クリスがノートに描き残した悪魔の紋章を手がかりに、暗黒邪神教という謎の組織にたどりつくのだが。

amazonより引用

・4巻【暗黒邪神教の洞窟】は「アルフィン」メインの物語です。
途中で「ソニア」という謎の少女と出会い、最後まで行動を共にします。

アルフィンとソニアの純粋な心に、癒されます。
ソニアのほうが子供なのに、途中からアルフィンのほうが子供っぽくなっています(汗)

脇役では、劇場版にも出ていた「バード」が登場します。
バードは、ジョウの父親「ダン」と一緒にクラッシャーをしていた仲間です。
バードとの会話から「タロス」の過去も少し明らかになります。

本作にはクラッシャージョウシリーズ最大の敵「クリス」が登場します。

クリス率いる『暗黒邪神教』という能力者(エスパー)組織とジョウたちの戦いがメインです。
さらに『反エスパー同盟』という組織も加わり、三つ巴の戦いが繰り広げられます。

それぞれが、思い描いている未来に向かって戦います。

読んでいて、
「戦争って、こんな感じで始まるんだ」
「独裁者って怖いなぁ」と、改めて感じました。

もし本当にエスパーがいたら、普通の人間では歯が立たないでしょう。
能力者(エスパー)という存在に、恐怖を感じる作品でした。

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ5 【銀河帝国への野望】

銀河系全域に広がる独立国家の連合体である銀河連合。
その目的は、一国家にかたよらず全人類の繁栄と安全を守ることにあり、銀河標準暦で四年に一度、銀河連合首脳会議が持たれることになっている。

それに出席する連合主席の護衛が、連合宇宙軍を差し置いてジョウに依頼された。
しかし入念なコースの下見を終えた彼を待ち受けていたのは、全く身に覚えのない犯罪の嫌疑だった。
執拗な追手をかわしながらジョウの反撃がはじまる。

amazonより引用

・5巻【銀河帝国への野望】は、
連合主席の護衛という、とても名誉な仕事から始まります。

しかし、何者かの陰謀によって殺人犯、さらには主席を狙う暗殺団にされてしまい、連合宇宙軍から追われる身になってしまいます。
ジョウのピンチに父親ダンは、クラッシャーに復帰して独自の調査を始めます。
※素晴らしい親子愛、泣けますね。

しかし、ダンが復帰したのはジョウを助けるだけではないようです。
一流のクラッシャーになったジョウですが、ダンとの間には圧倒的なレベルの差がまだあるようです。
ダンはジョウを助けるというよりは、利用している感じです。

最後の最後まで息子のジョウを小馬鹿にしています。
これではジョウは面白くないでしょうね(汗)

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ6 【人面魔獣の挑戦】

その標的になって生きながらえた者はいないといわれる暗殺結社“クリムゾン・ナイツ”。
彼らに命を狙われているという連邦首相から護衛を依頼されたジョウだったが、契約を終えた直後に首相は殺されてしまう。

任務に失敗した彼に与えられた失地回復の猶予は240時間。
残された凶器のニードルガンを手懸りに、必死の捜査の末、結社の本部を突きとめたジョウたちを待ち受けていたのは、究極の殺人兵器、人面魔獣だった。

amazonより引用

・6巻【人面魔獣の挑戦】は、
首相の護衛を頼まれたジョウたちが、巧妙に仕組まれた罠に落ちてしまいます。
真相を探るジョウに、暗殺結社の殺人兵器、人面魔獣(テュポーン)が襲い掛かります!!

今回は最初から謎だらけで、誰が味方で誰が敵か全くわかりません。
出てくるやつ、出てくるやつ、うさんくさいです。

その中でも、物語のキーを握るのは、研究所の「ウーラ」という女性です。
物語はジョウ・アルフィン・ウーラの3人の行動がメインで進みます。

ということは、お決まりのアルフィンの嫉妬祭り開催です(笑)
しかし、今回のアルフィンの嫉妬祭りはヒドいです。

いつもは「嫉妬なんかして、かわいいなぁ」くらいですが今回は、はっきりいってムカつくレベルです。
ウーラがかわいそうで、ウーラのほうを応援したくなります。

その後、物語は意外な展開を迎えます。
クラッシャージョウの小説で泣いたのは、これが初めてでした。

衝撃のラストをお見逃しなく!!

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ7 【美しき魔王】

人面魔獣事件で重傷を負ったジョウには長期の治療が必要だった。

その入院生活もようやく終わろうとした頃、病床のジョウは不可解な襲撃を受ける。
それは暗黒邪神教事件以来消息を絶っていたクリスからの死の挑戦状だった。

エスパーの国、神聖アスタロート王国をうちたてた美しき魔王は、銀河系の新たな支配者となることを宣言し、全人類の滅亡を予言してきたのだ!

わずかな手懸りからジョウたちは捜査を開始するのだが。

amazonより引用

・7巻【美しき魔王】は、クラッシャージョウ黄金時代、最後の作品です。
この作品後、劇場版クラッシャージョウが公開され、ピークを迎えます。

これで一旦、クラッシャージョウシリーズは終息します。
再び、復活するのは19年後です。

※この作品【美しき魔王(7巻)】は、1983年(昭和58年)発売。
次作【悪霊都市クルル(8巻)】は、2002年(平成14年)発売です。

【物語と感想】
暗黒邪神教の洞窟(4巻)の超能力者「クリス」が、再びエスパー同盟を結成してジョウたち(人間)に宣戦布告します。

その出だしの宣戦布告シーンですが、スプラッター感全開です。
SF小説というより、もはやホラー小説です(汗)

クリスの残虐さを描くための表現なのでしょうが、かなりエグいです。
そのクリスですが、相変わらず、すべての生物をただの道具として扱う極悪非道ぶりを発揮します。

基本的にクリスは、すべてを見下しているのですがジョウだけは敵として認めています。
それだけジョウを憎み、恐れています。

クリスが唯一敗北している相手なので、どうしても復讐したいようです。
ひとりで自らの野望に突き進むクリスとジョウたちの戦いの行方は果たして...。

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ8上 【悪霊都市ククル 上】

太陽系国家ガンガー、そのほぼ国民全員が信徒であるという宗教組織、ナタラージャ教団の本尊、ナタラージャのヴァジュラが盗まれた。

捜索を依頼されたジョウのチームが、その行方を追ってやってきたのは惑星ローデス。
リッキーの生まれ故郷だった。彼が育ったのは地下都市ククル。

地上に新都市ができてからはスラム化し犯罪の温床と化していた。
空港に到着したジョウたちは、さっそく不気味な連中の襲撃に巻き込まれる。

amazonより引用

・8巻上【悪霊都市ククル 上】は、
約20年ぶりに復活したクラッシャージョウシリーズの1作目です。

クラッシャージョウお決まりの、エグい描写も健在です。
ボク的には、もうちょっとマイルドでもいいんですけど(汗)

今回の主役はジョウではなく「リッキー」です。
リッキーの故郷、ククルが舞台です。

ナタラージャ教会のヴァジュラが何者かに盗まれ、教会からジョウ達に捜索の依頼がきます。

教会の情報を元に地下都市ククルに向かうジョウ達。
しかし、そこは何者かに操られたゾンビの巣窟だった。

この時、この世のすべてを破壊する神『ナタラージャ』が復活間近だという事を、ジョウ達はまだ知らない...。

久しぶりの作品で、気合が入っていたのでしょうか、なかなかのスプラッター小説です。
アニメ化したら、間違いなく『R指定』でしょう(汗)

評価【☆☆☆】

 

クラッシャージョウ8下 【悪霊都市ククル 下】

ローデスは、マドックとラダ・シンという二人のボスがしのぎをけずる、ギャングに支配された惑星だった。

ラダ・シンの手先に追われたマドックの娘、ミミーを助けたジョウたちは、ともに地下都市ククルに入る。
たちまち異形のものの襲撃に遭ったジョウの一行は分断されてしまう。

ククルはラダ・シンの魔道によって悪霊都市と化していたのだった! 予期できない敵の攻撃に苦戦を強いられるジョウたちに打つ手はあるのか!?

amazonより引用

・8巻下【悪霊都市ククル 下】は、クラッシャージョウ初の2巻(上・下)構成です。
久しぶりの作品なので、気合が入っているのが伝わってきます。

下巻では、いよいよラスボス「ラダ・シン」との直接対決が始まります。
しかし、このラダ・シンの残虐さはスゴいです。

途中から「あージョウ達以外は、みんな死んじゃうんだろうなぁー」としか思えなくなります。
ボクが一番エグイと思っていた、前作の超能力者「クリス」を、あっさり超えてきました(笑)

小説版クラッシャージョウのスプラッター感の好きな人には、たまらない一冊です。
そうでない人には、ちょっとキツイ作品かもしれません...。

評価【☆☆☆】

 

クラッシャージョウ9 【ワームウッドの幻獣】

二人の実業家からの、クラッシャーを二組雇いたいとの依頼に、ジョウのチームと、ジョウに執拗な敵愾心を抱くダーナ三姉妹のチームが選ばれた。

雇い主二人が主催するイベントで、テロリストの襲撃から二人を守ったジョウたちは、次に、惑星ワームウッドに棲息する未知の知的大型生命体をハンティングするという二人の護衛に着くことになる。

だがそこは派遣された調査隊がすべて消息を絶っている危険な惑星でもあったのだ!

amazonより引用

・9巻【ワームウッドの幻獣】は、かなりマイルドな仕上がりです。
前作、悪霊都市ククル(8巻)が、かなりエグかったからでしょうか。

続けて読むと、とても同じ作品には思えません(笑)
でもボクは、これくらいが好きですね。

【物語と感想】
ジョウたちと地獄の3姉妹にハンティグ護衛の依頼がきます。
雇い主は、お互いどっちが勝つか勝負をしています。

2人のハンティングの獲物は、惑星ワームウッドの森に棲む幻獣アドバン。
しかし、この幻獣アドバンは、人の心を操ることのできる森の守り神だった...。

ジョウと3姉妹は、昔からの知り合い(父親がライバル同士)で、3姉妹はジョウに敵対心MAXです。
なにかにつけてジョウやアルフィンに難癖をつけてきます。

最初はコメディーチックでなごやかですが、途中からはいつも通り常にピンチの連続です(笑)

最初は敵対していた3姉妹ですが、だんだんジョウに惹かれていきます。
となると、お約束のアルフィン全開嫉妬モード突入です(笑)
最後まで、女の戦いから目が離せません(汗)

最後のエピローグで、両方の父親がバーで話しているシーンがあります。
ジョウの父「ダン」のセリフが渋くてかっこいいです。
さすが全てをわかっておられる方です。

2,3ページと短いのですが、お互いの心情やその場の雰囲気が見事に表現されています。
小説なのに、その情景が鮮明に想像できました。
「やっぱり作家(プロ)は凄いなー」と改めて思ったシーンでした。

評価【☆☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ10 【ダイロンの聖少女】

太陽系国家ゴーフリーは、独裁者ルキアノスに対抗する反政府軍の軍事行動に揺れていた。
反乱軍の拠点は、聖少女ネネトの力で守護された城塞都市ダイロン。

しかし皇帝派の執拗な攻撃によりネネトは負傷、治療のためにはダイロンを離れる必要があった。
ジョウたちの任務は、これを好機とネネト捕獲に乗り出すであろう皇帝派の襲撃から彼女を守ること。
ルキアノスは、最強の刺客、サイボーグ戦士ザックスを送り込んできた!

amazonより引用

・10巻【ダイロンの聖少女】は、リッキーが主役です。
※なんか、再復活してからはリッキーのメインが多いですね。

不思議な能力を持つ少女「ネネト」を独裁者「ルキアノス」から守るため、城塞都市ダイロンに向かったジョウ達。

ネネトの力が欲しいルキアノスは、ネネトを捕獲するためサイボーグ戦士ザックスを送り込む。
あいかわらず今回の敵も極悪非道ですが、悪霊都市ククル(8巻)の「ラダ・シン」を見てしまうと、若干物足りなく感じてしまう自分がいます(笑)

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ11 【水の迷宮】

水中行動に特化した能力を持つ傭兵アプサラは、銀河連合の管理のもと、二つの勢力が内戦を展開している、水の惑星マルガラスでの軍事活動に従事していた。

その内戦のさなか、マルガラスの先史文明調査チームの責任者ディーラーを護衛するため、ジョウとアルフィンは海底遺跡調査船に乗り組んでいた。

しかし戦闘に巻きこまれた際に、アプサラと接触したことで、調査は二つの勢力の思惑をめぐって意外な方向へ転がり出す!

amazonより引用

・11巻【水の迷宮】は、今までのクラッシャージョウとは雰囲気の違う作品です。
ジョウたちよりも、水の惑星マルガラスの内乱や古代文明がメインです。

今回のジョウたちは、サポート役みたいな感じです。
お決まりのジョウやアルフィンのメチャクチャ感は、あまりありません(寂)

今までの敵が、エスパー・サイボーグ・ゾンビなので、「今回はどんだけエグい敵が登場するのかなぁー」と思ってる人には物足りないかもしれません(笑)

挿絵もいつもより少ないです(泣)
せめて頻繁に登場するギグとか潜水艦の挿絵ぐらいは欲しかったなぁ...。

物語自体は、面白かったのでとても残念です。
この作品はクラッシャージョウではなく、違うSF小説と思えばなかなか面白いと思います。
ただクラッシャージョウとして読むと、ちょっと物足りないかなぁ...。

評価【☆☆☆】

 

クラッシャージョウ12 【美神の狂宴】

銀河の至宝とされる重要美術品を輸送する船の護衛任務のため、ジョウのチームは惑星アフロディーテに降り立った。

任務は無事終了したが、動力パーツの交換作業に向かったリッキーが、不可解なテロに巻きこまれ瀕死の重傷を負ってしまう。

暗闘する不気味なテロリストの目的は何か?
そしてその裏にあるものは?

美の惑星を舞台に、謎の美人双子姉妹も介入して、不穏な策謀と異常な欲望をはらんだ壮絶な戦闘が今始まる!

amazonより引用

・12巻【美神の狂宴】は、
表紙をみた感じでは「ジョウたちは、また脇役かな?」と思い読み始めました。
そして、読んだ感想も表紙通りです(笑)

ジョウたちは、2番目3番目くらいな扱いです...。

でも、本作はとても面白かったです。
とてもスピード感があり、ワクワクしながら一気に読んでしまいました。

この表紙の美女二人は、なかなかいい味を出しています。
でもちょっと強すぎのような気が...。

ps.リッキーの、その後が心配です。

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ13 【ガブリエルの猟犬】

装備を新たにしたジョウたちに過酷な依頼が入った。

勢力争いの末に、自身を独自に進化させた無人兵器「猟犬」が、現在も争いを続けながら、近づくものをすべて破壊するという危険きわまりない惑星に侵入して、失われた古代金貨を探索するというものであった。
これまでも軍隊によって猟犬の掃討が試みられたが、すべて失敗に終わっている。

巨大犯罪組織に加え、竜の一族、虎の一族をも巻きこんだすさまじい戦いの行方は?

amazonより引用

・13巻【ガブリエルの猟犬】は、ここ最近の作品の中では、とても面白かったです。
ですが、1巻から読んでいるクラッシャージョーファンとして語らせていただきます!!

今回は、無人兵器猟犬という物騒な敵なので、
「本来のクラッシャージョウが楽しめるぞー♪」
「どんだけエグい敵なんだろう」みたいな、勝手な想像を読む前にしていました(笑)
しかし、この無人兵器猟犬があまりにも...。

さらに『竜の一族・亀獣』という、本気になればジョウたちを瞬殺できるくらい強い登場人物のおかげで、またジョウチームに脇役臭が漂います(汗)

でも本作はそれぞれのキャラがいい味を出していて、とても面白かったです。
話のスピード感もあり、とても楽しく読ませていただきました。

また表紙でもわかる通り、新しい装備も加わりジョウチームが進化しています。

これはひょっとしたら、新作アニメの伏線!?
だったらいいなぁー(願)

評価【☆☆☆☆】

 

クラッシャージョウ劇場版【虹色の地獄】

ワープに失敗して飛びこんだのは、宇宙海賊相手の連合宇宙軍の包囲網の真っ只中だった。
しかも輸送中の急病人や付添人まで「ミネルバ」から消え失せている。

そして失神から目覚めたジョウを待っていたのは、クラッシャーの資格停止を含む最悪の事態。
汚名をそそぐべく、罠を仕掛けた依頼人を追って、ジョウのチームは惑星ライゴールに飛んだ。
安彦良和監督による劇場映画『クラッシャージョウ』を原作者が完全ノベライズ。

amazonより引用

劇場版を小説化した作品です。
若干セリフが違うところがありますが、細かく状況を補足してくれているので、劇場版の細かいところまで理解できます♪

 

「やっぱりクラッシャージョウはアニメが一番!!」というアナタへ

クラッシャージョウ Blu-ray BOXが2016/12/14発売!!

内容紹介
劇場版アニメーション公開より33年。
高千穂遙によるSF小説が原作の本作は、今やガンダム生みの親のひとりとして広く知られる安彦良和の初監督作品。
未だ色褪せることのない壮大なスペースオペラの最高傑作が、待望のBlu-ray化。

★あの「クラッシャージョウ」劇場版が4Kリマスターで蘇る!
★OVA2作も2Kリマスターで復活!
★特典映像のクラッシャージョウ座談会映像は、BDBOXでしか見ることのできない新規撮り下ろし映像!
★封入特典は、未公開の原画・設定画を多数掲載した資料集!

【商品概要】
クラッシャージョウ Blu-ray BOX 【初回限定生産版】
発売日:2016年12月14日(水)
価格:\25,000+税
収録内容:劇場版「クラッシャージョウ」(4Kリマスター)
OVA「クラッシャージョウ―氷結監獄の罠―」(2Kリマスター)
OVA「クラッシャージョウ―最終兵器アッシュ―」(2Kリマスター)
商品形態:本編2枚組+特典ディスク
商品仕様:VPXV-71486/カラー/片面2層2枚、片面1層1枚/1080p High-Definition/MPEG-4 AVC/リニアPCM/ステレオ
JAN:4988021714860
発売元:株式会社バップ

★イラスト 新規描き下ろしイラスト

★特典
特典映像:新規クラッシャージョウ座談会
出演:高千穂遙(原作)×安彦良和(監督)×竹村拓(ジョウ役)×佐々木るん(アルフィン役)
封入特典:資料集100P(未公開資料を多数掲載予定)
ブックレット

amazonより引用

上が『初回限定版』、下が『通常版』です。

最後に

いかがだったでしょうか。
「小説クラッシャージョウ」の魅力、伝わったでしょうか。

クラッシャージョウの魅力を堪能したい方は、やっぱりアニメが一番です♪
今すぐ見たい方は、下記記事をご覧ください!!

小説クラッシャージョウが漫画化!!↓↓↓

以上、クラッシャージョウ(小説)のあらすじ・感想・評価・在庫まとめました!!全巻ネットで購入可能です♪でした。



 - インターネット活用術, 昭和 , ,