メモリーってなに?メモリ容量の目安は?

パソコン基礎知識

Meomory(メモリー)とは、情報を一旦記憶しておく装置です。
例えるなら、作業机みたいなものです。
机(メモリー)が大きい方が、一度にたくさんの仕事ができます。

メモリーの種類

メモリーには、
デスクトップ用の「DIMM」
ノートパソコン用の「S.O.DIMM」
などがありますが、あまり気にする必要はありません。

メモリーで重要なのは容量の大きさです。

容量性能 金額
16GB☆☆☆☆☆高い
8GB☆☆☆☆若干高い
4GB☆☆☆普通
2GB安い

※数字が大きいほうが大容量です。

メモリーの容量は、○○GB(ギガバイト)という単位で表します。
数字が大きいほど、一度にたくさんの処理が出来ますが値段が高くなります。

インターネット閲覧や、簡単な書類の作成程度なら、4GB~8GBで十分です。
さすがに2GBでは動作が遅くなります。

逆に、処理の重い作業(写真や動画の編集など)をしたい方は、16GB~32GBをオススメします。
※大抵のパソコンは、メモリーを2枚以上利用できます。

最後に

メモリーは、後から増設することも可能です。
パソコンを快適に使いたなら、4GB以上をおススメします。

以上、メモリーってなに?メモリ容量の目安は?でした。

タイトルとURLをコピーしました